淋病感染症

男性に多い

淋病感染症は淋病と呼ばれ、男性に多い性病(性感染症)です。淋菌が感染して起こります。
性風俗でのオーラルセックス(フェラチオ)による感染が多いと言われています。

1回の性行為での感染率が約30%と高く、淋菌に感染した人のうち、クラミジアに同時感染している人が20%~30%いると言われています。

男性が淋病に感染した場合、尿道感染し、うみと激痛があります。

女性の淋病感染の場合、無症状の場合が多くありますが、放っておくと不妊症や子宮外妊娠の原因となってしますいます。

あらゆる性行為(アナルセックス、オーラルセックスを含む)で感染します。
近年問題になっているのは、性風俗でのオーラルセックス(フェラチオ)などで、咽頭(のど)から性器への感染増加です。

淋菌には耐性があるため、治療を中途半端に中断してしまうと悪化してしまうおそれのある厄介な病気です。

淋病感染症の症状

男性の場合、淋病感染症の感染部位は主に尿道です。
尿道炎や精巣上体炎(副睾丸炎)などの症状が出ます。

主な症状としては、

  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 激しい痛みの排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体の腫れ
  • 発熱や激しい痛み

尿道から出るうみの量は多く、白っぽい色(やや黄味よりの場合もあります)で、粘り気があります。
治療せずに放っておくと、前立腺炎や血精液症(血精液症参照)になることもあります。


子宮頸管 (子宮入口の管)へ感染し、子宮頸管炎をおこします。
その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます。 尿道炎を併発することも少なくありません。

主な症状としては、

  • おりものの増加
  • 不正出血
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 下腹部の痛み
  • 性交時の痛み

ただし、女性の感染者の多くは症状が出ないと言われており、感染したまま放っておくと卵管炎や骨盤腹膜炎をおこし、 子宮外妊娠や不妊症の原因になります。

淋病感染症に効くお薬

レボフロックス

レボフロックス

淋病に効果的なのは、レボフロックスです。
レボフロックスは、抗生物質「クラビット」のジェネリック医薬品です。

レボフロックスはニューキノロン系の抗菌薬で、淋病だけでなく、クラミジアや、尿路感染症、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、コレラ、サルモネラ腸炎、チフス、子宮内感染、バルトリン線炎など、様々な感染症に効果を発揮してくれます。

また、ジェネリック医薬品であるため、安価に購入できるのもレボフロックスの特徴です。

このページの先頭へ