ジェネリック医薬品とは

ジェネリック

性病(性感染症)の特効薬である抗生物質にも、様々なジェネリック医薬品があります。

ジェネリックとは「一般的な」という意味の英語であり、「後発医薬品」とも呼ばれます。
医薬品には「新薬」や「先発医薬品」と呼ばれ製薬会社が特許を取った、新しく開発されたお薬があります。 この「先発医薬品」には莫大な開発費と、長い研究期間がかかるため、「先発医薬品」をつくることができるのは大手の製薬会社のみです。

そして、これらの開発費や、研究期間のコストがあるため、価格を下げることはできません。
しかし「先発医薬品」は発売から20年ほど経過すると、特許が切れます。特許が切れると、一般的に広く普及し使用され、安全を確立された「先発医薬品」の有効成分を使って、大小関わらず、どの製薬会社も、同じ効果を持つ「後発医薬品」と呼ばれるジェネリック医薬品を安価につくることができます。
「後発医薬品」、「ジェネリック医薬品」は、新薬・先発医薬品のように莫大な開発費や、長い研究期間が必要ないため、安価に発売することができます。

そのためジェネリック医薬品は、安価でありながら、新薬同様の効果を持っているのです。

インドはジェネリック先進国!?

タージマハル

当サイトで紹介しているジェネリック医薬品にも、インド製のものが多くあります。

インド製ジェネリックには、まだ国際基準では特許の切れていない医薬品もありますが、違法という訳ではありません。
では、なぜインドでは特許が切れていないのにジェネリック医薬品が作れたり、こんなにもジェネリックを多くつくっているのでしょうか?

これは、インドの法律の特許基準が、世界基準よりも短く定められているためです。
そのため、国際基準ではまだ特許が切れていなくても、インドではジェネリック医薬品をつくることができます。

インド製ジェネリック医薬品は、個人輸入サイトで販売され、私たちが購入するほか、病気が蔓延しているにも関わらず、高価な新薬を購入することのできないアフリカや中東の貧困地域でとても役立っています。


当サイトで紹介している性病(性感染症)治療薬にも、ジェネリック医薬品があります。

このページの先頭へ